住宅の窓口 未分類

住宅展示場に行く前に知っておくこと

投稿日:

いきなり住宅展示場へ行き契約したお客様の声

  • たくさん住宅展示場に行って住宅会社を見て回って決めたはずなのに、なんでこの会社で家を建ててしまったんだろう・・・
  • 高額の住宅を勧められ住宅ローンの返済に困っている・・・
  • 住宅会社の営業マンがしつこくて。もっとゆっくり考えて決めたかったのに・・・
  • 展示場へ行き出す前に住宅の知識をもっと学んでおけばよかった・・・

たくさん住宅展示場を回ってしっかり決めたのに、結局失敗してしまう方、本当にたくさんいらっしゃいます。

なぜ、失敗してしまうのでしょうか?

住宅というのは他の商品、例えば家電製品や車の様な企画商品と違い、完全にオーダーの注文商品のため、値段にしても形にしても基準がありません。プランは100人のお客様がいれば、100通りのプランが出来上がります。

ここに注文住宅の難しさがあります。

住宅業者の営業マンは会社から自社の商品が最高のものということを「盲目的」に教育されているので、お客様の立場に立つというよりは、いかに自分の会社で家を建ててもらえるかという視点でしかお客様と接することができません。

ですから、住宅展示場に行って住宅業者の営業マンの話をたくさん聞いて決めたとしても、必ずしもあなたの要望を満たしたプランになっているとは限らないのです。

予算と住宅会社の価格を把握することが重要

やみくもに展示場に行って住宅会社の営業マンの営業トークにのせられて、結果的に自分で考えていたイメージより大幅に費用がかかってしまったと後悔する方は沢山いらっしゃいます。

確かに家は人生で一番大きな買い物ですからお金がかかるのは当然のことですが、身の丈以上の金額の家を建ててローン返済に苦しむような人生は本末転倒です。そうならない為にはまずはご自分のご予算をしっかり把握する必要があります。

予算というのは単純に言うと、自己資金(頭金)と住宅ローン借入額の合計になります。ただし家を検討されるお客様のほとんどはそういった予算が漠然とした状態で展示場に行ってしまいます。

そこで住宅営業マンに予算のヒアリングをされてその住宅会社の商品を売り込まれます。そしてその際にその住宅メーカーの商品の値段がお客様にとって適切なご予算以上の場合は営業マンは何とかローンの借入額などを増やすことで予算アップに誘導してきます。

自社の商品がどんなに良いかをPRし値段は高くてもそれだけの価値があると刷り込もうとします。そうするとお客様の中には営業マンのトークにのってしまい当初の予算以上の家を建ててしまうことになるわけです。

この一連の流れを例えると何の武器も持たずに猛獣の檻に入ってしまうようなものです。住宅展示場で百戦錬磨の住宅メーカーの営業マンと対峙する前にご自身のご予算の把握と住宅メーカーの坪単価などの情報という武器をもって行くことが必要です。

まずは住宅メーカーとは違う中立な立場の「住宅の窓口デコ」にお越しいただきお客様の予算と住宅メーカーの情報を手に入れましょう。

-住宅の窓口, 未分類

Copyright© 長野市 住宅の窓口 リフォーム カーテン  クロス  インテリアデコ , 2021 All Rights Reserved.